孕み神と憑かれた姪

【ヨールキ・パールキ】孕み神と憑かれた姪 2話 【ネタバレ・あらすじ】

姪の様子が最近おかしい。




いつもはちゃんと問いかけに応えてくれるのに

最近はだんまりしてしまって会話が続かない。

 

主人公は心配して夜様子を見にいくと、

オナ●ーしている姪のゆいの姿があった。

 

布団の中で体を弾ませて自身を慰めるゆい。

乳首に指を這わせて、自ら興奮を誘う。

 

原因はその土地に住む神、孕み神が原因だった。

 

孕み神は女性の子宮に棲みつくと身体の内側から

性感帯を開発し、子を孕むまで宿主を発情させ続ける。

 

そして孕み神からゆいを救うため二人が出した結論とは…!

 

 

こんにちは、管理人です。

 

今回「孕み神と憑かれた姪 1話」を読みました♬

 

子供を妊娠するまで永遠発情させる神様なんて、興奮しちゃいますね♬

 

2話ということで話の内容もだんだんわかってきて、

面白くなってきましたよ。

 

触手に犯されて、乳首を弄られているゆいの表情が

とってもエロくて抜けちゃいます♬

 

ゆいの体つきや表情も最高で、

特にJK好きにはぜひ読んでほしい作品になっています。

 

ぴちぴちのJKが発情して襲ってくるエロさ満点のストーリーです♬

 

無料で試し読みもできるので、よかったらチェックしてみて下さいね!

【あらすじ・ネタバレ】第2話 孕み神の鎮め方は…

或る日突然襲ってきて、チ●ポをしゃぶってきた姪のゆい。

 

ハッと我にかえると、その場から逃げ出そうとしたので

慌てて引き止めて事情を説明させる。

 

原因は、近所にある神社。

 

先日猫と遊ぶために寄り道をしていたら、

神社の中から得体の知れない何かが体に入ってきて、

その日から触手のようなもので体をまさぐられるようになった。

 

触手は乳首からおま●こを刺激し、ゆいの発情を誘っていた。

刺激されるたびにおっぱいが揺れ、乳首がビンビンになってしまう。

 

そして彼女は毎晩主人公の元へ自身の性を

慰めるために、毎晩求めてくるようになる…。

 

 

後日心配した主人公は、とあるおじいさんの家に

行き詳細を調べようとする。

 

 

そして、原因は『孕み神』のせいだとわかった。

 

 

孕み神は性を求め子を孕むまで宿主を発情させ居つく為、

憑かれた者は性に狂い子種がわからない子が

生まれることも少なくなかった。

 

そう、ゆいは孕み神に憑かれてしまったのだ…。

 

続きは無料試し読みからも読めるので、

ぜひチェックしてみてくださいね。

発情して襲ってくるゆいのエロい顔がたまらない…!触手プレイも見ものです

今回は2話ということもあり、ストーリーもだいぶ進んできました。

にしても、男性にとってはたまらない展開ですよね!

 

姪とはいえ、発情したJKが夜中に

「エッチして…!」と擦り寄られたら、思わず私も応えちゃいます♬

 

おっぱいをプルプルさせながら、

おま●こから大量に蜜を流すゆいの表情が本当に最高です。

 

私も何発も抜いてしまいました♬

 

触手も少し出てきますが、気持ち悪い形ではないので、

こういったものが苦手な人でも楽しめる作品になってます。

 

ストーリー的にも、エロシーン的にも見応えのあるいい作品でした。

 

 

3話では一体どうなってしまうのでしょうか。

今からとても楽しみです♬

 

その他無料漫画や立ち読みがたくさん置いてある

 

BookLive!コミックをチェックしてみてください。

 

会員登録はとてもリーズナブルな300円です。

ぜひ登録してみてください♬

 

私も愛用しているサイトです!