会社の行き遅れBBA孕ませた

【すぺしゃるじー / チンジャオ娘】会社の行き遅れBBA孕ませた 7話【無料立ち読みいっぱい】

俺の上司、

沢村秋子、34歳。

 

美人で巨乳だけど、気が強くて

男を寄せ付けないきつい性格が災いして未婚を貫いている。

 

 

そんなこともあり社内ついたあだ名は

「行き遅れBBA」。

 

 

その部下である俺は10歳年上の

女上司を苦手に感じていたのだけれど…。

 

年上の半熟トロトロ処女ボディに魅了されて、

気づけば生ハメ膣内出しをキメていた。

 

行き遅れ女上司との生セックスに
ハマってしまった主人公の将来はどうなるのか…!

 

 

 

こんにちは、管理人です。

今日は「会社の行き遅れBBA孕ませた 7話」を読みました♬

 

今回のテーマは、痴漢プレイ!

 

テーマだけでも抜けてしまいますね♬

 

婚期を逃して10歳も年下の部下に

電車で、公衆トイレでブチ犯される!

 

 

痴漢モノやレイプものが好きな人に

とってはたまらない展開ですね。

 

でかい巨乳を揺らしながら、

マ●汁を垂れ流す沢村主任。

 

 

声を出さないように必死で口元を押さえても、

溢れ出す色気に興奮がおさまりません♬

 

本当に抜けるいい作品でした。

 

無料で試し読みもできるので、よかったらチェックしてみて下さいね!

【あらすじ・ネタバレ】第7話 行き遅れ女上司を電車内で痴漢してから駅のトイレで

それは主任と2人で取引先に往訪した帰りの電車の中のことだった。

 

「今日のプレゼンとってもよかったわよ。」

 

俺のセフレになってから前よりもさらに女らしさと

色気が増した沢村主任は俺のことを褒めてくれる。

 

そんな男娼もつかの間、突然電車の中が混み始めて、

上司と俺が離れる間もない位密着するしてしまう…。

 

まさに満員電車といったところ、

ぎゅうぎゅうに詰め込まれてうまく息もできない。

 

そんなところにふわっと香る、沢村主任の

シャンプーの香りに俺は興奮してしまった…。

 

「田中くん…そこはダメッ……!」

 

かすかな理性から出た言葉を無視して俺は

上司のスカートの中に手を入れて中をまさぐる。

 

くちくちくちくち…

ちゅく♡ちゅく♡

くりくり…。

 

電車の中で数人にバレてしまったものの、行為を続行する俺。

 

そして電車の中だというのに痴漢プレイに

反応してマ●汁を垂れ流して俺のことを誘惑してくる上司…。

 

そして興奮を抑えきれなくなった俺たちは、

公衆トイレで二人でセッ●スすることになった…。

 

この続きは、無料で試し読みをすることも

できるので、以下のリンクをチェックしてみてください。

ダメだとわかっているのに…痴漢プレイに興奮してしまう上司を言葉責めで攻めまくる!

今回も興奮するポイントが多く、私も思わず何発も抜いてしまいました。

やっぱり痴漢プレイはいいですね♬

 

特に後半のストッキング越しにクリ●リスを弄られて、マ●コがキュンキュンしてしまう沢村主任の恍惚とした表情は見逃すことができません。

 

「お願い…

許してェ…」

 

そう言いながらも、マン汁を溢れさせて誘惑する上司。

ここは男ならさらに興奮してしまうところですよね。

 

そしてトイレで無理やりファック!

 

 

公衆トイレでチ●ポをぶち込まれて

抑えていた喘ぎ声もどんどん出てくるところは、

本当にセッ●スが大好きなんだなと感じます。

 

今回のシチュエーションもたまらない作品でした♬

 

7話はこれまでの話よりさらに

エッチになっているそうですよ。

 

今後も目を離すことができない作品ですね♬

 

その他無料漫画や立ち読みがたくさん置いてある

 

BookLive!コミックをチェックしてみてください。

 

会員登録は激安300円です。

ぜひ登録してみてはいかがでしょうか?

 

私も登録しています♬