会社の行き遅れBBA孕ませた

【すぺしゃるじー / チンジャオ娘】会社の行き遅れBBA孕ませた 第2話 行き遅れ女上司の半熟とろとろボディがエロすぎて【無料立ち読みいっぱい】



巨乳だけど気が強くてあたりが強い沢村主任。

ついたあだ名が『行き遅れババア』。

 

とある夜主任の家に行くことになった俺は、

この女を犯してしまう…。

 

こんにちは、管理人です。

今日は「会社の行き遅れBBA孕ませた

第2話 行き遅れ女上司の半熟とろとろボディがエロすぎて」

を読みました。

 

前話のまとめは

こちら→第1話 行き遅れ女上司にお持ち帰り!?された夜

 

無料立ち読みはこちらから↓

1話では上司とのキスを堪能した主人公。

そして2話では下のお口を堪能します♬

 

半端なくエロいです^^

 

いつものお堅いスーツの下には

豊満な巨乳ボディが隠されていました。

 

おっぱいのブルンブルン感がたまりません。

 

そしてマ●コはとんでもない名器。

キュンキュン締め付けてきて、

入れただけでイってしまう…!

 

 

このシーンだけでもめちゃくちゃ抜いてしまいました。

 

ぜひ無料試し読みから読んでみてください。

 

無料立ち読みはこちらから↓

【あらすじ・ネタバレ】会社の行き遅れBBA孕ませた 2話

「ちょっと田中くん!」

「ここはこうだって言ったでしょ!」

 

女性には慕われているものの、

男性からの印象がとんでもなく悪い沢村秋子(34)。

 

裏では「行き遅れババア」なんてあだ名もついています。

 

そんな行き遅れババアと偶然

さし飲みをすることになった主人公。

 

至近距離で見るとその巨乳具合がいやでも目につきます。

 

そして酔いつぶれてしまった主人公を介抱するために、

主任が自宅に招いてくれることになり…。

 

酔った勢いもあり、二人はすぐにベッドイン。

 

いつも着ているがっしりとしたスーツ(殻)を

ひん剥けば、その下にあったのは絶妙な

肉付き加減の半熟とろとろボディ。

 

この先は、無料試し読みでもチェックすることができます。

 

無料立ち読みはこちらから↓

行き遅れババアの処女マ●コがキュンキュン締め付けて俺の精●を搾り尽くす!

今回は2話ということで、

ついに本番シーンに突入します。

 

正直、あまり期待していなかったのですが

それを大きく裏切る展開に右手を握る力も強くなりました。

 

 

部下との関係はいけないとわかっていても、

敏感処女ボディがそれを許さない…

 

若干の背徳感と征服欲

満たされる主人公のゲス顔も必見です。

 

「だめよ…!」

 

 

と言いながらも、ついチ●ポの侵入を許してしまう

主任の甘さもあり、行為はさらにエスカレート。

 

突くたびに大きなおっぱい

揺れるシーンも必見です。

 

心では彼女がいているのに申し訳ないと言う

気持ちもありながらも目の前にある

豊満半熟女ボディを犯さないわけにはいかない。

 

 

キュンキュン締め付けるマ●コに

どんどん搾り取られていく精●。

 

本当にエロくて作業には最高です^^

 

罪悪感と快楽に溺れて

性に貪欲になっていく主任の姿はまさに必見です。

 

「熱いのが奥にジンジンきて…ゴム越しでも感じるわ…」

「ビックリしたけどき…気持ちいいわ

とても…」

 

なんて主任の処女だったとは思えない淫乱ババアの発言も

またそそってしまいますよね。

 

3話ではどうなるのか。

このエロさを超えることができるのか。

 

とっても楽しみです。

 

 

その他無料漫画や立ち読みたっぷりの

 

BookLive!コミックをのぞいてみてください。

 

会員登録は激安300円です。

私も大好きなサイトです。

 

無料立ち読みはこちらから↓