凪のお暇

【コナリミサト】凪のお暇 1巻 二円め あらすじ【7/26まで無料】

BookLive!コミック登録はこちら

コナリミサト作

凪のお暇

 

ドラマ放映記念で

1巻無料!

このキャンペーンは

BookLive!コミックで実施中!

 

会社で

空気を読みすぎて

過呼吸起こしちゃった凪は

仕事も彼氏も家も全て捨てて

郊外でリセットライフ!

 

空気を読まない生活は

快適そのもの!?

 

ただ、クーラーのない部屋での

夏の生活は

流石に大変で・・・?!

この作品はBookLive!コミックで読むことができます♪

「凪のお暇」で検索してみてね♪

現在、クレジットカードで月額コース登録で

1ヶ月目無料キャンペーン中!!

凪のお暇 1巻 二円め 凪暑さに負ける あらすじ

引っ越した部屋には

クーラーが付いていなかった。

貯金切り崩し中の凪は

クーラーの導入を見送ります。

 

家の中より外にいた方が涼しいと判断し

凪は散歩へ。

 

その道中、捨てられている

扇風機を発見します。

拾うか迷っていると

「人として終わってるよね」の声

 

その声は

自販機でお釣りを漁るおばあさんに向けられていた。

そのおばあさんは

自宅アパートの上の階の住人だった・・・。

 

凪は暑さ凌ぎのため

図書館へ避難。

 

自己啓発本を読み

「ウィッシュリスト」を作成

しようとするも

閉館まで何も思いつかず。

 

なんのビジョンもない自分が

仕事を辞めるのは

早まった?!と不安になる。

 

そんなとき、上の階の住人の

ズボンが落下してくる。

 

それを届けに行くと

お釣りを漁っていたおばあさんが。

 

彼女は

自分の好きな映画を見て

すごく満たされた生活を

送っているように見えた。

 

「あ、豊かだ」

 

そう感じた凪は

そうなりたいと思う。

 

意を決して

先ほど拾い損ねた

扇風機を回収。

動くことを確認すると

黄色く塗り上げる。

 

「ひまわりが咲いてるみたい!」と

テンションを上げる凪。

 

何もないなりに

楽しんでやる!

そう決意した凪だった。

 

一方元彼我門は

凪の新住所を手に

凪の元へ向かっていた・・・。

この作品はBookLive!コミックで読むことができます♪

「凪のお暇」で検索してみてね♪

現在、クレジットカードで月額コース登録で

1ヶ月目無料キャンペーン中!!

凪のお暇 1巻 二円め 凪暑さに負ける 感想

実は、管理人の家にも

クーラーがないのですが

夏は避難生活を送っていますw

 

凪のように

図書館に行ったり

漫画喫茶に行くことも!

 

海辺にwifiがあれば

海辺で作業とか・・・はしないですねw

(砂がキーボードに入って

えらい目に合いそうですw)

 

自己啓発本よんで

ウィッシュリストに向き合って

何も出てこない。

ビジョンもないけど

現状維持は嫌だ!

そんな彼女の葛藤が

伝わってくるようです。

 

あのまま会社にいても

また辛い思いをしていたでしょうし

辞めたって選択は

間違っていなかったように思いますが

先が見通せないのは

どうしても不安が付きまといますよね。

 

貧すれば鈍するとも言いますし。

 

”早まったかな”なんて

思ってしまうのも

無理はないと思います。

 

先を見つけてからやめろとか

いろんな意見ありますけど

余裕がないときは

とりあえず逃げちゃうのも

正解だと思ってます。

一度心を壊すと

あとが長いですからね。

 

最悪生活保護で

なんとなるって思っていれば

大丈夫ですし♪

 

凪の元いた会社では

凪がもともと担当していた

仕事を誰が担当するかの

じゃんけんしていました。

 

凪は携帯も変えて

連絡は手紙のみ。

SNSも完全に辞めて

つながりまで

完全リセット⭐️

 

ここまで断捨離したら

新しい自分に生まれ変われそうです!

凪も

それを期待してのことでしょう。

 

そして今回初登場の

上の階の住民。

 

お釣りを漁るおばあさんで

周りからは煙たがられています。

 

本人は好きな映画を見て

満たされた顔をしています。

 

それを見た凪は

この人のように

豊かになりたい、と

思うわけです。

 

目の前の

”暑さに勝つ”という課題に

たどり着けたのも

おばあさんのおかげ

というわけですね。

周りになんと言われても

自分の幸せを追求する。

 

そんなおばあさんの生き方に

管理人も

心が揺れました♪

 

果たして、自分の幸せだけを

追求して

あんな風に生きられるかな、と。

 

自販機の

お釣りは漁りたくないですがw

 

そして、終わりがけに

凪の家に向かっていた

元彼の我門

 

かれはまだ

凪のことが好きなんでしょうか。

 

それとも

ただシたいだけ?!

 

彼がやってくる目的はなんなのでしょう。

 

三年めも

無料なので

7/26までに

読んじゃってください!

 

無料で読むには

会員登録が必要です!!

この作品はBookLive!コミックで読むことができます♪

「凪のお暇」で検索してみてね♪

現在、クレジットカードで月額コース登録で

1ヶ月目無料キャンペーン中!!