オトナ

【値下げ中】今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい 第5話 イッたばかりなのに浜崎さんに押し倒されて… あらすじ

今泉ん家はどうやら

ギャルの溜まり場になってるらしい

 

訳あって1人暮らしをしている今泉

その家を溜まり場にするギャル3人

 

距離感の近いギャルに

下半身が反応しちゃうボク。

それに気づいた彼女たちに

いいようにされて

昇天しちゃう?!

 

ギャル3人とやりまくりの日々だけど

若い3人は

何発やっても性欲が衰えるどころか

強くなる一方?!

「なあ今泉

お前の好きにしていいんだぜ。あたしのオマンコ

 

のり伍郎さんの作品です♪

ギャル好きは必読♪

 

前話では

ユキナとセックス

他の2人からも責められ

3P状態で果ててしまった今泉。

その程度では

休ませてくれるはずもなく。。。





今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい 第5話 イッたばかりなのに浜崎さんに押し倒されて… あらすじ

 

「いまちん・・・

ホントに中●しキめちまったね」

 

昇天した僕を見てに語りかけるルナが呟いた。

 

”もう流石に休まないと”

ベットに倒れこむ僕ですが…。

 

「おら❤︎

なに休んでんだよ

アタシの相手がまだだろ?」

 

と強引にレイナにチ●ポを入れられた僕。

こんな状況でもしっかり勃っちゃいます。

 

「イったばっかりなのに

こんなにギンギンにしやがって❤︎

この変態が」

そう言われて

僕はより興奮しちゃいます。

 

ユキナは、その様子をみながら

「今まで挿れたチ●ポの中で最強」

と今泉のアソコを絶賛。

 

二人の様子に、ルリも

「レイナが終わったらルリもパコってみるかな〜」と

ノリノリの様子。

 

「・・・出るっ!!」

 

レイナにも中●しをキメてしまった僕。

もう何発も出している僕は

休みたくて

たまらなくなりますが

彼女たちは決して休ませてはくれません。

 

 

そこからは時間感覚が曖昧になる程

3人とハメ倒した僕ら。

最終的に僕は

彼女たちに中出しすることに

抵抗がなくなっていた。

 

夜中、みんなが寝静まった後

トイレで1人用をたしていた僕。

”今日はすごい日だった”と

物思いにふけっていると

 

ルリがトイレに侵入してきた?!

驚く僕に

「しー❤︎」

と可愛く語りかけるルリであった。

 

次回予告

「え?!何して・・・!

ゴム付いてないよ!?」

 

トイレに来たルリと

2人に内緒で生ハメセックス❤︎




今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい 第5話 イッたばかりなのに浜崎さんに押し倒されて… 感想

レイナ回のような

全員入り乱れの回。

性欲が収まらな3人は

代わる代わる今泉を犯していきます。

最初はレイナが

次はルリが・・・。

3人の性欲は本当に

とどまるところを知らないようです!

 

今泉、本当に童貞だったのか?!

というほどの絶倫ぶりを発揮。

日々のオナニーで

鍛えた成果だったのか

元々の素質か・・・。

羨ましい能力ですね!w

 

3人ともそれぞれ満足させてますw

 

レイナもユキナも

2人とも生ハメセックス決めちゃってますが

ルリだけは

ゴム付きの様子。

童貞今泉の家に

そんなものあるとは思えませんし

この乱行中に買ってきたとは思えません。

と、いうことは

ルリは常にこれを持っていたのか

あるいは先のコンビニで購入してきたのか

何れにしても

”いずれヤルかもしれない”と

思っていないとできないことですねw

狙われてたのでしょうか、今泉w

羨ましすぎますw

 

生ハメ中出しに

抵抗感のなくなっちゃった

今泉くんの今後が心配になっちゃいますねw

 

童貞卒業が

まさかの乱行パーティ

これは教育上よくないですねw

 

クラスで人気の

可愛いギャル3人が

同時に裸で迫ってきたら

断れる自信、管理人にはないですw

 

間違いなく

クラスの男子にバレたら

今泉は非難轟々でしょうw

 

受け入れている本人は

大変そうでしたがw

 

今回のお話は

乱行セックスパーティ編、でしたw

本番シーンがお好きな方

女性優位が好きな方には

オススメの話です♪

 

ぜひBookLive!コミック(ブッコミ)で

読んでみてください♪

 

現在BookLive!コミックでは

クレジットカードで月額コースに申し込むと

1ヶ月目無料キャンペーンを

実施中!

最大2万円分のコミックが無料で読めます。

 

ぜひBookLive!コミックにアクセスして

チェックしてみてください♪